SVENSON

お電話でも簡単、お気軽に(24時間受付中)フリーダイヤル0120-30-6071

資料のご請求

来店のご予約

あのTV番組で紹介されたのが、実はスヴェンソンでした。やくみつるさんが選んだ増毛法
さまざまな芸能人が自らのコンプレックスを赤裸々に語った昨年1月放映のTV番組。やくみつるさんは、ご自身の増毛生活を堂々と公表しました。番組内でメーカー名は伏せられていたもののスヴェンソンにはお問合せが殺到したのです。
今回、「やくみつる」さんのご自宅にお邪魔しました。
やくみつるさんの日常生活を通じ、スヴェンソン式増毛法の実際のところを紹介したい。いい点も悪い点も正直に語っていただきたい。無理なお願いにも関わらず、お風呂場での洗髪シーンをはじめ、ご自宅にお邪魔しての撮影となりました。
スヴェンソンのことが詳しくわかる、資料をまるごとプレゼント
薄毛と向き合い20数年。私の薄毛対策の歴史をお話ししましょう。
はじめての増毛は1990年代初頭。他のカツラを使用しました。でも金具着脱のせいか浮いたり、自毛が痛んだり・・。やむなくカツラをやめ髪を金髪に。悪キャラに変身!本当は金髪なら薄毛が目立たなくなるのです。ただ仕事の関係上いつまでも金髪というわけにも。そこで帽子で薄毛を隠すことにしました。
帽子もそろそろ・・。そんなとき映画でスヴェンソンを知った。
テレビではよくても、帽子を脱ぐべき場面って以外と多いのです。レストラン、神社や教会。大相撲の土俵際もそう。そんな折、映画「かずら」でスヴェンソンを知りました。
番組でひな壇に座った時、前の人に植毛の跡が見えたり、
生え際の揃い方で「そうなんだな」と分かってしまう人なんかはたくさんいます。私がスヴェンソン式増毛法に決めるにあたり決断したポイントは、やはり「かぶった感」がいかにでないか?=いかに自然であるか!という点でした。実際、製品を試させて頂き、その製品クオリティーに驚きました。そして、今年で7 年目を迎え今でも愛用しています。
増毛後、新しいヘアスタイルで新しいやくみつるを楽しんでます。
増毛のご相談やお試しのお申し込みはこちらへ
資料のご請求 来店のご予約